サッシ

メンテナンスの概要

改修目的

メンテナンスの必要性

 サッシ・ドアの各種構成部品は、周辺環境や使用頻度などにより、程度は異なりますが経年とともに劣化が進み、機能の低下だけでなく、思わぬ事故の発生など、安全性にもかかわってきます。長く安全にお使いいただくために、ご自身による日頃のお手入れや、専門業者による定期的な点検・補修が必要です。

サッシ部品劣化の例

外れ止めの破損
外れ止めの破損
障子が外れやすくなります。
戸車の磨耗
戸車の磨耗
障子が動きにくくなります。
クレセントの破損
クレセントの破損
防犯上、危険です。
ガラスビートの外れ
ガラスビートの外れ
ガラスの破損、風雨の吹き込みが起こります。
網戸戸車磨耗、変形
網戸戸車磨耗、変形
網戸が動きにくくなります。
網戸外れ止め金具の破損
網戸外れ止め金具の破損
網戸が外れやすくなります。

ページ先頭へ戻る

専門業者によるメンテナンス実施までの流れ

01.調査依頼

各地区に当協会の会員会社がありますので、お問い合わせください。
各会員会社へのお問い合わせはこちら

02.劣化診断調査

まずは、専門業者による点検、調査診断を実施し現状を知っていただく事が必要です。

03.改善提案

調査診断報告書とお客様のご要望にもとづき、ご提案させていただきます。

04.メニュー決定

部品交換、障子交換サッシ・ドア・手すり取替え

サッシ劣化診断調査部位

掃き出し引き違い戸

掃き出し引き違い戸

玄関ドア劣化診断調査部位

玄関ドア劣化診断調査部位

手すり劣化診断調査部位

手すり劣化診断調査部位 手すり劣化診断調査部位

ページ先頭へ戻る