売上高集計の分析

2020年度売上高集計の分析 (期間: 2020年4月~2021年3月)

※2020年度の改装売上高集計は建築改装関連の一種正会員4社、二種正会員4社、一種準会員7社、計15社の地域別・商品別・用途別売上高を集計し分析したものです。
※【地区区分】(北海道):北海道、(東北):青森・秋田・岩手・宮城・福島・山形、(北関東):栃木・茨城・群馬、(関東):東京・千葉・埼玉・神奈川・山梨、(北信越):長野・新潟・富山・石川・福井、(中部):静岡・愛知・岐阜・三重、(関西):大阪・滋賀・奈良・京都・和歌山・兵庫、(中国):岡山・鳥取・島根・広島・山口、(四国):愛媛・高知・香川・徳島、(九州):福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

改装売上高推移

2020年度の改装売上高は931億円(前年比89%)となり、コロナ禍の影響を受けた結果となった。
地区別売上高構成では関東・関西地区が全体の約6割を占めており、この地区での減少が大きく影響している。しかし北海道・東北・中部・九州は前年同等を維持している。
直契約比率はここ数年10%前後で推移している。(表内に記載なし)

全国売上高推移 地域別売上高推移
 北海道東北北関東関東北信越中部関西中国四国九州
2018年度通期33.045.730.8420.542.375.8178.841.218.291.8
2019年度通期30.551.036.1451.048.971.7194.543.920.098.0
2020年度通期32.050.932.6402.939.770.7149.640.418.394.1
地区別売上高構成比 改装の主要商品売上高推移
 2018年度通期2019年度通期2020年度通期
手すり26.9 37.228.8
外装17.735.8 24.7
ドア223.4 248.9234.5
480.7494.3439.4

改装の主要商品別売上高推移

改装全体に占める割合が最も高い窓においてコロナ禍の影響により民間の直契約の落ち込みと、公共住宅などの発注減も重なり減少傾向となった。
ドア・手すり・外装においては減少しているが2018年度との比較では増加となっており、改修の重要性について認識が高まっていると考えられる。

改装の用途別売上高推移
 2018年度通期2019年度通期2020年度通期
庁舎54.0 61.457.9
病院54.160.849.2
一般ビル331.6339.6322.9
住居ビル392.4414.1333.5
学校146.0 169.7167.7

用途別改装売上高推移

学校・一般ビル・庁舎については換気対策の需要増によりほぼ横ばいとなったが、住居ビルと病院においてはコロナ禍による工事延期などの影響を受けて減少となった。
特に住居ビルにおいては、直契約(民間)で33億円の減少、公共住宅の発注減を含め合計で 約80億円と大きく減少した。

ページ先頭へ戻る